エクステリアリフォーム

寿命を長く

大きな家

外壁塗装のサービスについて

家も古くなるとあちこちに痛みが出るのは人間の体と同じです。 家の修理の中に外壁塗装があります。外壁塗装には2つの意味があります。一つが見た目の良さです。きれいになれば住んでいる人の気分も明るくなり、家族も明るくなります。 また、外壁塗装には家のバリア的な役割もあります。外壁にひびが入ったり、一部が壊れて落下したりするとそれこそ見た目が悪いだけでなくその隙間から雨風が入ってきます。家の中に雨風が入ると家の耐用年数が短くなるのです。 そこで外壁塗装をして家の外だけでなくその物の機能もしっかり生かせるようにすることで、家が長持ちします。 塗装は30坪で安い塗料だと40万円ぐらいが相場です。一方、フッ素などを使った高いとそうだと70万円ぐらいはします。

全く違うようで類似のものとは

外壁塗装に似たものにはどんなものがあるでしょうか。外壁塗装は住宅のエクステリア部分ですが、そのまま放置すると家自体の寿命が縮まります。インテリアについてみてみるとフローリング工事は場合によっては放っておくことで家の寿命が縮まってしまいます。場合によってとは例えばトイレが壊れたりキッチンの水道管が壊れたりしたときにそのまま放っておくとフローリングまで水がしみ込んできます。この場合フローリングの交換で済みますが、もし漏れた水が床下まで行ってしまった場合は家の寿命を縮めてしまいます。 よく、日本の木造住宅は諸外国の木造住宅に比べると寿命が短いと言いますが、その理由の一つに水が原因で老築化してしまうというものがあります。とすればできるだけ水気のない家を保つことで50年でも100年でも住める家になるのです。