エクステリアリフォーム

まずはリサーチ

大工

修理工事を依頼する

住宅に内に雨水が侵入してくる雨漏りは、その対応ができる業者としては工務店や防水工事業者、リフォーム会社などが挙げられます。自力対応が難しい場合は、これらの業者を呼んで施工をしてもらうのが一番です。 雨漏り修理の依頼方法はまず電話帳やインターネット、口コミなどで施工実績がしっかりとある業者を選んで電話やネットから相談します。最初の連絡ではこちらの状況を伝えて、後日業者に一度現地見積もりをしてもらいます。 現地見積もりでは雨漏りの原因や箇所が判明すると同時に、業者が見積もりを提示してくれるので、工事内容や価格に問題が無いことを確認して契約します。 狭い範囲での雨漏りならば、建材の修繕工事から防水工事まで含めて雨漏り修理は数時間で終わらせてくれます。

需要が高い

住宅のトラブルの中でも、起こると厄介なものが雨漏りです。状況によっては雨漏りがだいぶ前から起こっていることもあり、周囲の建材が腐っていることも多く、雨漏り修理そのものだけでなく、建材の修繕も必要です。 このため雨漏り修理工事はその道のプロである、防水工事業者や工務店といった業者への依頼が多く、それを必要とする人々は古い住宅に住む人や手抜き施工の住宅に住む人が多く見られます。 住宅は古くなると、屋根や壁面にクラックやヒビ割れが出来てそこから雨水が侵入したり、また防水加工を施しているシーリングが剥がれてそこから雨水が侵入します。これが雨漏りの原因となっていますが、新しい住宅でも手抜き工事によって、雨漏りが生じるケースも有ります。 そのため雨漏リ修理は必ずしも、古い住宅の住民にのみあるとは限らない事情があります。